企業の重要部門である購買管理とシステム化、

ソフトバンクの間接材購買システム&サービス ~パーチェスワン~
企業の重要部門である購買管理とシステム化、

中堅のアッセンブリー会社に勤めていて、一時、資材管理、購買管理の業務を行っていたことがあります。この仕事の一番大切なところは、会社の経営に直接影響するところで、原価や材料費をいかに低く抑えて、製品のコストダウンを計り、強いては会社の利益に寄与するかという点です。 つまり購買管理、資材管理は会社にとって一番大事な部門と言ってもいいでしょう。
特に、購買管理はその重要性を見直され、昨今では材料の調達方式をシステム化して、如何に効率化を計り、コスト削減に寄与するものでもあります。 企業は製造業者、供給業者との関係を戦略的にマネジメント(経営的手法)していくことで、設計、発注の段階からから購買・調達に至るまで、業務全体を統合的に改善するための仕組みを構築することにあります。 これによって企業は、供給者との理想的な関係を構築し、調達手段をより戦略的を実現してゆくことで、業務プロセスの改善と原価低減まで達成することが可能となります。
これらの一連の作業である分析、企画、実行計画、システム構築、運用などをコンピュータでシステム化することにより、より効率的な物の流れが出来上がり、無駄のないか購買管理が達成することが出来ます。 これを購買システム化とも呼ばれているのです。

Tags:
Posted in 未分類 by admin. No Comments

購買システムの導入により一層の原価低減、

購買システムの導入により一層の原価低減、

企業の生産活動では、よく生産管理の手法として生産管理をシステム化し、コンピュータを導入しで生産そのものが管理、運営されています。 そこへ行くと、購買管理の手法は一歩遅れているような気もします。 特に、最近だは経営手法の一環として、資材の所要量計画などに基づいて原材料、部品などの購入を管理すること、即ち、適正・公正な購買が要求され、必要とされているのです。
主な製品製造会社や組立完成品の製造会社は、それらに関する全ての部品を調達するわけですが、この時に、直接納入部品や部品を製造発注の形で依頼する場合など多岐に亘りますが、何れも重要な仕事になってきます。 発注するのあたり、価格や納期、納入されてからの検査など一貫した仕事が、より管理されたシステムで要求されます。
これ等は何れも製品、製造の部品調達のための主資材といわれるものであるが、他にも生産ラインで生産に関わる間接資材と言うのも当然ながら発注しなければならず、一般にこれ等を副資材とも呼んでいるようです。
これら資材調達のための購買管理を一層、近代化、効率化するために最近では購買システムの導入も盛んなようです。 基本的には生産管理システムと同様な志向であり、計画推進から、調達までをコンピュータで管理することになります。

Tags:
Posted in 未分類 by admin. No Comments

見積もりが簡単に取れるのは便利

購買システムを導入すると、複数の業者から見積もりを取ることができます。見積もりの比較ということが簡単に行えるというのはとてもいいことで、安い業者をすぐに見つけることが出来るのです。そのため購買システムを導入すると、比較的コスト削減が容易に行えます
色々な業者から商品ごとの見積もりを取ることができるため、業者によって安いものを見つけるということも可能です。仕入れの金額はなるべく減らしたいために導入するものですから、それが叶わなければ意味が無いのです。そのため購買システムでは複数の導入先から見積もりを取り、最適な物を選べるようにしているのです

システムを導入することによって、明らかにコストが高いものを導入する必要性が無くなります。またコスト削減に必要な情報をすぐに手に入れることができるので、人と時間をかけるということをしなくてもいいのです。そのため購買システムを導入すれば、ほぼ確実にコストは削減され、今までより安い勾配が可能となります

Tags:
Posted in 未分類 by admin. No Comments